3月3日 雛祭り 桃の節句ですね!  

雛人形を飾り 桃や菜の花 菱餅 ひなあられ 白酒をお供えします

絵を整理していたら、昔~ 学生の頃に描いた お雛様の色紙が出てきたので飾ってみました^^v   


節句は年に5回ありますが
奇数の重なる日に邪気を払う とされています。




五節句は

季節の草や木に関連していますが、季節に応じた植物を食することで邪気を払うのが目的で、
あやしい~邪気払いの儀式?をするわけではないようです(笑


人日(じんじつ) 1月7日 七草の節句 七草粥

上巳(じょうし) 3月3日 桃の節句・雛祭 菱餅や白酒など

端午(たんご) 5月5日 菖蒲の節句 菖蒲酒。関東では柏餅、関西ではちまき。菖蒲湯の習俗あり

七夕(しちせき) 7月7日 七夕(たなばた) 裁縫の上達を願い素麺が食される

重陽(ちょうよう) 9月9日 菊の節句 菊を浮かべた酒など



七夕の素麺は知らなかったです。。。




桃の節句 上巳は


>古代中国には、三月の初めの巳の日(上巳・じょうし)を悪日として、川辺に出て不浄を除くため水で祓(はらい)を行うという風習がありました。

上巳の日を忌むべき日とされた始まりは、 漢の時代のエピソ-ドからとされています。

その時代の「徐肇」という人に女の三つ子が生まれましたが、三日後に三人とも死亡してしまいました。。人々はこれはきっと何かのたたりだと、水浴をして忌み汚れを流し禊(みそぎ)をおこないました。この日がちょうど初の巳の日であったのだそうです。

これが上巳の祓(はらい)の行事が生まれた始まりと言われています。

日本にも古来より、人形(ひとがた)に不浄を託して川や海に流して、災厄を祓うという風習がありましたので、この二つが合体して「上巳の節句」となりました。

桃の節供と呼ばれるのは、その季節のものというのも理由のひとつでしょうが、桃には邪気を払うという魔除けの信仰があったからだそうです。


http://www.kougetsu.co.jp/hinamatsuri/gosekku.html より


雛人形にも 流し雛 という風習がありますね!



☆そういえば、桃は邪気払いに良いということで、毎年 桃のお酒を漬けていただいています^^






では、今日は、菱餅と 白酒 桃酒をいただいて、邪気を払うとしましょう^^

hinamaturi