☆お月見 中秋の名月 と言うと 九月の「満月」と思っていませんでしたか?

    実は~ 2015年の中秋の名月は9月27日で
    満月 フルムーンは9月28日になります


では 満月ではない中秋の名月とは どんな日のことをいうのでしょうか

中秋の名月は 旧暦の8月15日

秋分の日の前に起こる 一番近い新月の日を1日目として、15日目が中秋です

秋分の日と言っても 祝日の秋分の日ではなく天文学的な秋分となります


2015年9月27日の「中秋の名月」はこんなかんじ(ステラナビゲータで作成)
23時すぎ の見え方
満月の約半日前で、左がわずかに欠けています
20150927















つぎに
☆この9/28日の満月は『大きいお月さん』 スーパームーンです

04時03分:月が赤道通過、北半球へ
10時46分:月の距離が最近(35万6877km)
11時51分:○満月  本年最大の満月/スーパームーン

地球に近い分 その影響も大きいかと
月が一番遠い日の大きさと比較したら こんなかんじです

画像:http://www2.astroarts.co.jp/special/2015moon/image/size.png より
size










さらにこの満月は皆既月食  ヨーロッパやアフリカ、南北アメリカなどで皆既月食がおこりますが
 
残念ながら日本で皆既月食はみられません(__;


☆この皆既月食ですが。。。

2014年 4月15日
2014年 10月8日
2015年 4月4日
2015年 9月28日  と2年の間に4回続く皆既月食と

2015年3月20日の皆既日食と
2015年9月13日の部分日蝕を含めて

☆『主の大いなる恐るべき日がくる前に、日は暗く、月は血に変る』(ヨエル書第2章31節)

旧約聖書に預言された「世界の終わり」だとか
ユダヤの第三神殿の復活だとか あれこれ言われてます


先だっての 1999年7の月(実際には8月) グランドクロスが起こるときの ノストラダムスの予言

php

1999年7ヶ月、
天から恐怖の大王が来るだろう。
アンゴルモアの大王を蘇らせ、
マルスの前後に首尾よく統治するために













2015年9月3日 マヤ暦の地球人類滅亡説も世間を騒がせましたが



 人類 まだ 存在していますよね~。。。^^




地震や災害予言をしておいて 自ら御祈りをして回避させる人たち



御祈りをして回避できるなら
予言をして他人に不安を与えずとも 
毎日 災害が起こらない御祈りしていればいいんでないかと思うのですよ

実際は おこるはずの災害を 御祈りで回避させたと言う
力の宣伝であったりもしますよね


でもね地震が起こるって聞いたら
誰もが 『備えあれば憂いなし』  家庭にある保存食や水のチェックをしたり
『災害が起こりませんように』と 思う訳ですね

みんなの そういった自然な思いが通じる
エネルギーは 願う人の人数の二乗倍になって増えていくので
災害を回避するのかもしれません という考え方もありますし

自分が生きていく世の中
もっと 現実的に考えましょう^^


で^^
月の話に戻ります

占星術士なんてやっていると
『新月の願い事~』 っていうのがありまして

でも ↓↓ これを言うと たくさんの占星術士を敵に回すかもしれませんが(笑

新月の願い事
月齢をひとつのバロメーターとして メモリ零 → マックス フルムーンで達成みたいな 

考え方としては間違いではないです

でも そのゴールとなる 夜空に輝く美しい満月の日は
心が揺れる 事故が多い 狼男が、、、  などなど


月 → タロットで不安の象徴  

image231


















ムーンマトリックス 地球を監視する宇宙人の基地がある とか
月の光は 太陽エネルギーの裏返し と思うと

願い事は 太陽にお願いする方が効きそうに思いませんか?。。。

image241





















ちなみにレイキは太陽エネルギーです


太陽神といえば  有名どころの天照皇大神さま
日々の陽の光の恩恵に 感謝しなければ^^


願い事があるとすれば

この二日間にわたる 天文ショー きれいな秋晴れになりますように





資料 引用 http://www.astroarts.co.jp/index-j.html  より